2017-5-28三井住友海上

2017年5月28日(日)朝霞市総合体育館Aコート

◆勝利チーム:三井住友海上 / 対戦相手:富士通 / スコア:90-78

◆回答 #16 宇野 善昭 選手(キャブテン)

 

Q 今年のリーグ戦の初戦、どんな気持ちで臨みましたか?

A 3年振りの1部での初戦となったが、新人も多く入り、去年までの事は全く意識することなく戦えた。また昨年、東京都や関東実業団の選手権大会で1部の各チームと試合していたので、あまり気負うこともなく、しっかり準備かできていたと思う。

Q 勝利のポイントは?

A 今年は全国大会の優勝を目指し、かなり追い込んで練習をしてきた。体力的には良い状態に仕上がっていることと、中堅選手達と、去年、今年入った新人達がとてもマッチしていることだと思う。

Q 特に意識したことは?

A チームに入って今日の試合が一番ブレータイムは短かったと思う。しかしベンチで大きな声を出したり、主将としての役割は果たせたと思う。

Q 一番印象に残ったプレーは?

A 私と一緒でプレータイムは短かったが、#14松澤の、意識してリバウンドに絡みに行くとか、ボール際の頑張りとかが印象に残った。

Q 次の対戦(6/3 新生紙パルブ商事戦)について

A 勝ちます。うちは若い選手が多いので、機動力、スピード、体力、瞬発力を前面に出して頑張ります。あとは若手とベテランのからみが微妙に合わなくなるとバランスが悪くなることを注意し、チームとしのまとまりを大切にして戦いたいと思います。