2017-5-28黒田電気

2017年5月28日(日)朝霞市総合体育館Aコート

◆勝利チーム: 黒田電気 / 対戦相手:日立金属 / スコア:82-77

◆回答 #20 長南 朝成 選手

 

Q 今年のリーグ戦の初戦、どんな気持ちで臨みましたか?

A 一昨年、NBDLから関東実業団に参戦して優勝することができた。しかし去年は6位となり全国実業団競技大会に出ることもできなかった。おごりがあったと思う。今年はメンバーも変わり新しいエネルギーも注入され、気持ちもしっかり入っている。新人も入ったので試合中に休むことができることはとても大きいと思う。またリーグ戦の初戦の相手が日立金属さんと言うことで、お互い上でやっていたこともあり絶対に負けたくないという気持ちだった。

Q 勝利のポイントは?

A プレッシング、前に前に!!の気持ちを強く持った。うちは得点を取れる能力の高い選手が多いが、チームとしてディフェンスとスペーシングを全員で意識した。

Q 個人で思った事は?

A 僕が求められているのはディフェンスだと思う。まずは1対1では絶対にやられない事を意識した。後は、荒谷とか吉留さんとか田野とか、ポイントケッターが苦しくなった時に得点を狙いに行った。

Q 次の対戦(6/3 日本無線戦)について

A 全員がオールマイティなチーム。戦い方としては、田野とマッチアップするノブさん(大先輩ですが)、年齢的にはかなり上なのでどんどん疲れさせるよう、福田(大)さんは早いうちにファール数を混ませられるような、そんなプレーをチームとしてできたらと思う。僕は誰にディフェンスに付くかわからないけど、誰であっても1点も取られたくないと思っている。