2017-6-3新生紙パルプ商事

2017年6月3日(土)富士通体育館

◆勝利チーム:新生紙パルプ商事 / 対戦相手: 三井住友海上 / スコア:63-72

◆回答 #6 高田 歳也 選手

Q リーグ戦2戦目、どんな気持ちで臨みましたか?

A 1試合目の敗戦の原因はディフェンスリバウンド。気持ちの切り替えとして月曜日にビデオを観て水木の練習で速攻、リバウンドの練習をしたことがうまく試合に出せた。

個人個人のプレーが良く、勝ちに繋がって良かった。

Q 勝利のポイントは?

A 第3ピリオドで悪い流れの中でチームとして我慢出来、第4ピリオドで離せる事が出来た。

Q 接戦から抜け出せた要因は?

A 相手の勢いに押されコート内で声が出ない時間が有ったが、ベンチ・コート内でディフェンス・リバウンド・速攻の声を出しチーム力で勝った。

 

Q 次の対戦(6/10 曙ブレーキ工業戦)について

A 対戦相手よりチームとしてしっかりと基本的なプレイをして行きたい。