6/25曙ブレーキインタビュー

2016-6-25 黒田電気戦を終えて

曙ブレーキ工業 85 ○ ― ● 66 黒田電気

曙ブレーキ工業 キャプテン #87 河本選手

インタビュアー:関東実連広報

Q 6試合目の初勝利どんな気持ちですか?

A ありがとうございます。素直にうれしいです。

今日はここまでの5試合の課題をしっかり修正し、負の気持ちを断ち切り、

下位リーグでの試合に向けて立て直すことを考えていました。

Q キャプテンになって初めての勝利ですね?

A なかなか勝てなくて応援にきていただいてる方々に申し訳ない思いでしたが、

やっと勝った試合を見てもらえホッとしました。

Q 勝利のポイントは?

A 今までの試合でなかなかリバウンドが取れなかった。相手に倍くらい取られ

ていたので、今日はリバウンドにこだわった。

結果、相手を調子に乗らせずに試合を進められた。

Q 3Qに4点差まで詰められた時のタイムアウトでは何を話したのですか?

A ディフェンスのプレッシャーが弱くなり、相手のシュートが入りだしたので、

もう一度リバウンドをしっかり取ってディフェンスから頑張ろうと話し合っ

た。その結果リズムが良くなり、こっちのシュートがまた入りだした。

Q 来週の日本無線との試合に向けて?

A 一人ひとりの能力が高いチームなので、1対1でどれだけ守れるのかが大事に

なってくる。またアウトサイドからのシュートが武器なので、今日と同じく

リバウンドを頑張っていきたい。